企業情報

沿革

1991年 2月青果流通のプロセスセンターとして、(株)フレッシュシステム設立
2000年 11月インターネットを利用した青果流通情報サービス提供を目的として、フレッシュリミックス(株)設立
2001年 7月生産者と中間流通業者の受発注取引を支援するシステム「Fan's」の開発開始
2003年 8月ISO9001マネジメントシステム認証取得
2003年 12月自社ブランドバナナの販売開始
2005年 5月フィリピンに子会社Freshremix Asia Corporation(現Farmind Philippines Inc.)設立
2005年 9月ISO22000マネジメントシステム認証取得
2006年 12月(株)フレッシュシステムとフレッシュリミックス(株)による共同株式移転によりフレッシュMDホールディングス(株)(現当社)設立
2008年 1月スーパーなど小売業者向け受発注システム「eON」の開発開始
2008年 4月青果流通における販売管理システム「N-system」の開発開始
2012年 3月新筑豊青果(株)(現ファーマインド新筑豊青果(株))、(株)コムレイドを傘下に有するアインバンドホールディングス(株)を子会社化
2013年 1月日本最大の追熟加工規模を誇る神戸センター竣工(全国初の埠頭連動型コールドチェーンを実現)
2013年 5月(株)TOKAが事業営業開始(東果広島青果(株)から卸売事業を譲受)
2014年 2月子会社の首都圏仲卸5社が合併し、(株)フレッシュトレードサービス(現(株)ファーマインドトレードサービス)へ商号変更
2014年 10月自社ブランドカットフルーツ、業界初の食べごろ目安日つきアボカドの販売開始
2015年 2月プレミアムブランド「真の実(まのみ)」の販売開始
2015年 4月青果物の輸送を手掛ける全日本ライン(株)を子会社化
2015年 7月フレッシュMDホールディングス(株)、(株)フレッシュシステム、フレッシュリミックス(株)、アインバンドホールディングス(株)の4社が合併し、(株)ファーマインドに商号変更
2015年 12月チルド焼き芋の販売開始
2016年 10月バナナの調達についてフィリピン政府と基本意向書締結
2017年 6月メキシコ産有機栽培バナナの販売開始
2017年 7月オリックス(株)と資本業務提携
2017年 10月台湾の政府系農業開発公社である台農發股份有限公司と青果物の輸出/輸入の相互協力に関する基本合意書締結
2018年 5月日本最大の野菜露地生産を行う(株)北海道産直センターを子会社化
2019年 12月青果物の輸入販売会社JWM Asia Japan(株)を完全子会社化(2021年4月に吸収合併)
2019年 12月Mizuho Gulf Capital Partners Ltd と資本業務提携
2021年 1月八千代センターを開設し、現在の青果流通センター全国14拠点体制を構築
2021年 3月レインフォレスト・アライアンスCoC認証取得
2021年 4月台湾パイナップルの調達について台湾行政院農業委員会と基本意向書締結
2021年 6月青果物の海上輸送を行うフレッシュキャリアーズ(株)を完全子会社化
2021年 8月全国農業協同組合連合会と業務提携

ページトップへ